050-3567-8692受付:平日10:00 - 19:00

 

技能実習制度とは、外国人の技能実習生が、日本において企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得・習熟・熟達を図るものです。期間は最長5年とされています。

受け入れる方式には、企業単独型と団体監理型の2パターンあり多くの場合、団体監理型が主流となっています。

 

技能実習生は入国後に、日本語教育や技能実習生の法的保護に必要な知識等についての講習を受けた後、日本の企業等(実習実施者)との雇用関係の下で、実践的な技能等の修得を図ります。

 

3年間~最大5年間の実習期間中日本に滞在し、企業で働くことができます。

 

この制度を利用して年々日本へ来る外国人の数が増加しております。

 

 

 

資料請求/お問合わせ CONTACT

現地視察やフィリピン人人材についてのお問合せはこちら