050-3567-8692受付:平日10:00 - 19:00

NJLCはフィリピンのネグロス島、
バコロド市にあります日本語学校です。

フィリピンに日本人常駐。

TESDA認定校

SCROLL

フィリピン、バコロドのネグロス・ジャパニーズランゲージセンターは
技能実習生の為の日本語学校です。

特徴 FEATURE

ネグロスジャパニーズランゲージセンター(NJLC)の特徴

  • NJLCはTESDA認定校

    TESDAとは、Technical Education and Skills Development authority(フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁)の略称で、学校がTESDAから認定を受けるには、カリキュラム・講師の指導技術・学校設立に関する法的書類・経営・財政・税金面・安全面などでの水準を満たしている必要があります。
    TESDAからの許認可は、フィリピンで正式な学校として運営する際には必須です。
    TESDA認定の学校は信頼できる学校かの指標です。

  • 日本人講師とフィリピン人講師の
    ダブル研修・管理システム

    授業は日本人講師および日本での就労経験者のフィリピン人講師が担当します。
    日本語検定4級または3級取得を目指して毎日勉強しております。
    また日本へ渡航した後にも日本の社会にすぐになじめるためにも現地での日本文化、
    マナー研修も実施しております。

  • 日本での就業意欲の高い勤勉なフィリピン人が
    勉強しております。

    NJLCでは運営スタッフチームがフィリピンで教育関係の事業を9年以上運営してきた実績をもとに厳正な審査のもと学生を選抜しております。選抜されたフィリピン人が日本行きを夢見て日々勉強しております。
    熱い気持ちをもった、優秀な人材を取りそろえる採用システムを取り揃えております。

フィリピン人、人材の受け入れをお考えの企業、監理団体様へ

昨今の日本では慢性的な人手不足から外国人人材の活用をする企業が増えております。
フィリピン人人材が日本で働く方法としては一般的なものとして下記の方法が主です。

  • 高度人材ビザ
  • 留学ビザ
  • EPA(看護・介護福祉候補生の場合)
技能実習生
技能実習生枠は、現在、フィリピン人が日本で働く際に利用している最もポピュラーな方法です。
外国人技能実習制度は、「最長3年または5年間の期間において、技能実習生が雇用関係の下、日本の産業・職業上の技能等の修得・習熟をすることを内容とするもの」と定められています。現在、77業種139作業(※2018年1月時点)にて受け入れ可能で今後様々な業種が追加されることが予想されます。

技能実習生の枠に介護が加わりました。

いよいよ2017年11月より、技能実習生の枠に初のサービス業、介護職が追加となりました。
フィリピン自国で介護に携わってきた優秀なフィリピン人が日本への切符を手にします。
昨今の介護業界の人手不足を前提に外国人の方の力を必要としていく時代に突中していきます。
政府の試算では団塊の世代が75歳に到達する2025年までに、介護従事者の需要はさらに急拡大し、介護従事者の数は2025年には250万人が必要とされるといわれております。
NJLCでは、受け入れ企業様、技能実習生の両者が3年または5年の実習を完了した際に
「フィリピン人を受けいれてよかった」
「日本へ行って、働けて良かった」
と両者が強く思っていただけるよう実習生の選別、教育を厳格に行います。
また入国後のサポートも全力で行います。

NJLCのサービス SERVICE

日本語検定 N4レベル取得コース

日本語検定N4レベルの取得を目指します。
900時間(約6ヶ月)

日本語学習 N3レベル取得コース

介護専門のコースです。
1200時間(約8ヶ月~12ヶ月)

日本語ベーシックコース

技能実習生のコースです。
300時間(約2ヶ月)

英語教師人材育成コース

ALT講師、英会話講師のための日本語講座です。

学生ビザコース

学生ビザで入国する留学生のための事前日本語学習コースです。

実地研修コース

各企業様の職種に応じた、カスタマイズな
実地研修が可能です。
お客様とのご相談のもと日本入国前の
研修内容を決定いたします。

フィリピン人の魅力 Filipino hospitality

思いやりをもった『フィリピノ・ホスピタリティ』と呼ばれる明るい性格とやさしさで、
お年寄りを元気づけ、職場を明るくします。
お年寄りを大事にする国で生まれて育つ大家族で生活するのが当たり前のフィリピン人は、
もとお年寄りと接することに長けています。

フィリピンの第2公用語は英語です。
フィリピン人の英語能力はその他のアジア諸国と比べても非常に高く英語でのコミュニケーションも容易です。

国をあげての出稼ぎ大国。フィリピンの名目GDPの約10%に相当する額は海外からの出稼ぎ、外貨にささえられています。
その為、フィリピンには他の東南アジア諸国と違って国による出稼ぎ労働者が国に厳格に管理されて、
独自のルーツがございます。結果、日本での失踪者の数、割合が極端に少ないのも特徴、強みです。

スタッフブログ STAFF BLOG

介護ついに解禁

先日のニュースで、ようやく介護の実習生の申請が初めて受理されたとのことです。   入国は早くて6月のようです。   いよいよ拡大していくのではないかと思います。   多くの外国人が日本で介護 […]

現在、NJLCでは35名の介護士候補生が勉強しています。

現在、NJLCネグロスジャパニーズランゲージセンターでは18名の1期生、17名の2期生の学生が日本行きを目標に     毎日勉強しています。     まずは1期生が、次回の2018 […]

国別の技能実習生数

年々、技能実習生制度を利用して日本へ入国する外国人が多くなってきていますが 2017度の受入人数の多い国は ①ベトナム ②中国 ③フィリピン の順となっています。 各国とも特徴があり、個人的には今後はミャンマーやカンボジ […]

フィリピン人の特徴

フィリピン人の特徴は何と言っても   明るい   お年寄りを大事にする文化がある   欠点としては、東南アジア特有の楽観的?な性格な点でしょうか。     日本の将来の介 […]

福岡の介護施設を見学させていただきました。

先日、日本出張中に福岡にある介護施設を見学させていただきました。   こちらの施設は日系のフィリピン人人材を中心にすでに数年前からフィリピン人の介護士を積極的に取り入れています。   すでに何度も見学 […]

技能実習制度について

  技能実習制度とは、外国人の技能実習生が、日本において企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得・習熟・熟達を図るものです。期間は最長5年とされています。 受け入れ […]

資料請求/お問合わせ CONTACT

現地視察やフィリピン人人材についてのお問合せはこちら